FC2ブログ

明日に架ける橋

易のこと、音楽のこと、クルマのこと、その時どきの話題など、まぁ、気が向くままに書いています。

水雷屯

03 水雷中(すいらいちゅん)
suirai.gif 震下坎上(しんか かんじょう)

八卦のshinrai-n.gif震(しん)の上に、kansui-n.gif坎(かん)を重ねた形。

屯とは行き悩む=身動きが取れずに困惑して悩む、という意。
八卦の象例では、坎を雲とし雨とし、震を雷とし草木とするのだが、雷雨が起こるときは発生草創の兆しであり、天地の屯難の時にして、草木発芽のときである。
そもそも雷は、地より上って欝蟄の気を散らし、雲は天より下って雨の潤いとなって、陰陽の交わりを行うものである。
しかしこの卦は、震の雷は下卦に在って未だ上らず、坎の雲は上卦に在って未だ降らず、陰陽の交わりができない。
これこそ屯難の所以である。
だから屯と名付けられた。

もし、震雷が上に上り、坎の雲が雨となって下に降る時は、この欝蟄の気も解き放たれて散り、雨の潤いも草木百物に充ち及ぶことになる。
これは、屯の上下が入れ替わった形の雷水解(らいすいかい)のときとなる。

また、下卦を内、上卦を外とすれば、坎は険難、震は動くだから、坎の険難の中で動き、未だその中から出られないことを示している。
また、震が進もうとしても、前に坎の水があり、これ以上進めずに困惑している様子。
だから屯と名付けられた。

また、合体の象を以って見るときは、九五の君は坎の険難の中に陥り、初九の侯が下に在って震の勢いを得た様子。
これは、上下が分かち合わず、対立していることになる。
上下の意志の疎通ができなければ、それこそ身動きが取れず、屯難である。

また、来往生卦法では、この水雷屯は水地比(すいちひ)から来たものとする。
初九の一陽剛が、比の上卦の外より来て初爻の位置に居て、二陰と交わって成卦の主爻となった、と観るのだ。
水地比のときは、天下の衆陰は九五の陽剛の徳に帰服し、親しく意志の疎通が出来ていたのだが、このように外から一陽剛がやって来て、内卦の初爻の位に下り居り、二陰柔と交わるときには、忽ち天下の時勢も二つに分れ、屯難の世となる。
だから、屯と名付けられた。

卦辞
屯、元亨、利貞、勿用有攸往、利建侯
屯は、元(おおい)に亨(とお)る、貞(ただし)きに利(よろ)し、往(ゆ)く攸(ところ)有(あ)るに用(もち)うる勿(なか)れ、侯(きみ)を建(た)てるに利(よ)ろし、

ここに、元いに亨る、とあるのは、今すぐ願いが叶う、という意味ではない。
六十四卦の序次で言えば、純陽の乾為天、純陰の坤為地は、それぞれ陰陽が交わっていない形。
それが、この水雷屯で、初めて陰陽が交わった形となる。
したがって屯は、天下事物の動き始めを意味する卦でもあるのだ。
物事の始まりは、不安定で悩み多いものだ。
こんなときには、辛苦に堪え、ひたすら勤め励むしかない。
そうして頑張っていれば、必ずや屯難も脱することができよう。
したがって、この屯難の時を乗り切れば、目的は達成できるとして、元いに亨る、と言っているのだ。

そのためには、やるべきことはきちんと貞正にやること。
弱気になって、いい加減になったり、安易に見切りをつけたりしたらいけない。
だから、貞しきに利ろし、と諭しているのだ。

ただし、屯難のときである。
下卦の自分は震だからと、打開のために新たなる道を探って動きたいとしても、前にあるのは上卦の坎難である。
動けば自らさらに悪い坎難の中に突入するだけだ。
だから、往く攸有るに用うる勿れ、と言う。

また、九五の君位からすれば、この「往く攸有るに用うる勿れ」は、初九を排除しようとしてはいけない、と言っていることにもなる。
そもそも九五は、水地比の一陽五陰の卦のとき、上卦坎の中心であるために、坎の酒食に溺れ、衆陰を蔑ろにして来たために、衆陰を助けようと、外からやって来た一陽が初位に陣取ったために、対立し、この屯難の時を作ってしまったのだ。
要するに九五の自業自得なのだ。
そして、もし今、九五が初九を征伐しようとしても、九五は坎の一体、初九は震の一体、坎と震、どちらが強いかと言えば、震である。
したがって、今までワンマンでやってきた九五としては辛い選択ではあるが、初九を認め、諸侯として取り立て、双方が協力して運営する体制を作るのが賢明である。
だから、侯を建てるに利ろし、とあるのだ。

彖伝(原文と書き下しのみ)
屯剛柔始交、而難生、
屯(ちゅん)は剛(ごう)柔(じゅう)始(はじ)めて交(まじわ)って、而(しこう)して難(なや)み生(しょう)ぜり、

動乎険中、大亨以正、
険(なや)みの中(なか)に動(はたら)きうるは、大(おお)いに亨(とお)るに正(ただ)しきを以(も)ってすればなり、

雷雨之動満盈、天造艸昧、宜建侯、而不寧、
雷雨(らいう)の動(はたら)き満(み)ち盈(み)ちて、天造(てんぞう)艸昧(そうまい)にあれば、侯(きみ)を建(た)てるに宜(よろ)し、而(しか)れども不(いま)だ寧(やす)からず、


象伝(原文と書き下しのみ)
雲雷、屯、君子以経綸、
雲雷(うんらい)あるは屯(ちゅん)なり、君子(くんし)以(も)って経綸(けいりん)す、


ここに書いているのは、江戸後期の名著、眞勢中州の『周易釈故』より抜粋し、現代語で意訳したものです。
漢字は原則として新字体で表記しています。
易の初歩的なことについては、
私のサイトの易学入門ページをご覧ください。
また、六十四卦それぞれの初心者向け解説は、オフラインでもできる無料易占いのページをご覧ください。占いながら各卦の意味がわかるようになっています。


☆ 旧約聖書~天地創造との一致 ☆

ところで、キリスト教の『旧約聖書』冒頭には、神が六日間でこの世界を造った、という神話がありますが、この場面での神の行動は、六十四卦の序次の順と同じなのです。
第一日目は、序次最後の64火水未済と、序次冒頭の01乾為天、02坤為地、03水雷屯、04山水蒙の計5卦の意味するところと一致します。
第二日目は、続く05水天需、06天水訟、
第三日目は、続く07地水師、08水地比、
第四日目は、続く09風天小畜、10天沢履、
第五日目は、続く11地天泰、12天地否、
第六日目は、続く13天火同人、14火天大有、
の意味するところと一致します。

これは単なる偶然の一致でしょうか?
あるいは、易はすべてを見通していて、どんなことでも易経の卦辞や爻辞のとおりに動くからでしょうか?
いや、そんなことはありません。
だから、未来を知るためには、筮竹で占うことが必要なのです。
では、このキリスト教との一致はどういうことなのでしょうか?
それは、『聖書』の物語が、易の理論を利用して作られたものだったからに他なりません。
・・・と、これだけを取り上げて言っても、説得力は弱いでしょう。
しかし『聖書』に書かれた物語は、ほかにもいろんなことが易の理論と共通していて、それらは六十四卦の序次によって幾何学的に繋がっているのです。
易を知らなければ、神学者や聖書研究者がいくら頑張っても、まったくわからないことでしょう。
しかし、易を少しでも知っていれば、誰でも容易にわかることなのです。
詳細は拙著『聖書と易学-キリスト教二千年の封印を解く』についてのページをご覧ください。
聖書と易学―キリスト教二千年の封印を解く聖書と易学―キリスト教二千年の封印を解く
(2005/04)
水上 薫

商品詳細を見る

ちなみに表紙の右下のほうに白線で示しているのは、08水地比の卦象です。
キリスト教のシンボル十字架と中心教義の「愛」は、08水地比の卦象がもらたす意味と一致しているのです。

(C) 学易有丘会


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する