FC2ブログ

明日に架ける橋

易のこと、音楽のこと、クルマのこと、その時どきの話題など、まぁ、気が向くままに書いています。

震為雷

51 震為雷(しんいらい)
shinirai.gif 震下震上(しんか しんじょう)

八卦のshinrai-n.gif震(しん)を重ねた形。

この卦は八卦の震を重ねた形。
震とは動くという意。
八卦の震は一陽が二陰の下に在るが、陽はそもそも上り進む性質のものである。
とするとこの一陽は、二陰の下に抑えつけられていることになる。
陽ならば、それをよしとはしない。
憤激して動き出そうとするものである。
だから震と名付けられた。

卦辞
震、亨、震来虩虩、笑言唖唖、震驚百里、不喪匕鬯、

震は、亨(とお)る、震(しん)来(き)たりて虩虩(げきげき)たり、笑言(しょうげん)唖唖(あくあくたり)、震(しん)百里(ひゃくり)を驚(おどろ)かせども、匕鬯(ひちょう)を喪わず、

震は動くであり、やればできる、ということである。
やればできる、というのは、今は二陰の下に抑えつけられていても、陽にはそれを跳ね除けて上に行く能力がある、ということである。
動いて、やればできるのであれば、万般のことは遂げられるものである。
だから、亨る、という。
また、震は雷であり、雷は陽気の発動であり、よく欝蟄の気を払い散らす。
気分がよくなれば、物事は亨通するものである。
だから、亨る、という。
そもそも六十四卦のうちで、勢いということを示すのは、震の卦だけである。
しかし勢いというのは、天の時と地の利と兼ね合わせ至るものであり、亨るとは時機が熟したことをいう。

さて、震雷が来たときには、君子ならばどうするべきかだが、震来たりて以下が、その対処についてである。
震来るというのは、雷が近づいて来たこと、虩虩とは、恐れ慄き驚いている様子をいう。
雷が近づくと、誰でもその音にびっくりするから、このように、震来りて虩虩たり、という。
しかし、いつしか遠ざかり、雨も上がり、晴れ間が除くと、みんなホッと安んじて笑い、雷の様子を言い合ったりする。
唖唖とは、笑い合っている様子のことをいう。
だから、笑言唖唖たり、という。

要するに震雷とは、音は大きくまるで百里先まで驚かせるようであっても、静かにしていれば、そのうち去って行くものである。
だからこそ、君子ならば冷静さを失わないことである。
例えば、神事を行っているのなら、雷の音に驚き震え上がって匕鬯を落としてしまうなんてのは、もってのほかである。
普段よりも慎重丁寧に扱い、いつ驚かされても大丈夫なように覚悟を決めて事を行うようにしたいものである。
匕とは鼎の中から実を掬い上げてお供えの器に移す匙(さじ)、鬯は祭祀に使う香酒のことである。
だから、震百里を驚かせるも、匕鬯を喪わず、という。

この卦は震を二つ重ねた卦であることから、雷が次々に震い起きる様子である。
だから雷をもって辞が設けられているのだが、これを社会に於いて言えば、雷が次々に来るような危難があることを示唆する。
そんなときは、雷のときと同様に、覚悟を決め、努めて平常心でいることである。
そうすれば、災い転じて福となすことにもなろう。

また、震は長男を意味し、長男は祖先の祭祀を行う者である。
だから祭祀の道具である匕鬯を例に出すのであって、震雷のような危難に遭遇しても、祭祀を行うときのように恐れ敬い慎んで行動すれば危難はいつしか去って行く、ということも、匕鬯を喪わず、という言葉に込めているのである。


彖伝(原文と書き下しのみ)
震亨、震来虩々、恐致福也、笑言唖々、後有則也、
震(しん)は亨(とお)る、震(ふる)い来(きた)りて虩々(げきげき)とは、恐(おそ)るれば福(ふく)を致(いた)す也(なり)、笑言(しょうげん)唖々(あくあく)たりとは、後(のち)には則(のっとること)有(あ)ると也(なり)

震驚百里、驚遠而懼邇也、
震(ふる)うこと百里(ひゃくり)を驚(おどろ)かすとは、遠(とお)くを驚(おどろ)かして而(しこう)して邇(ちか)きを懼(おそ)れしむる也(なり)、

不喪匕鬯、可以守宗廟社稷、以為祭主也、
匕鬯(ひちょう)を喪(うしな)わずとは、以(も)って宗廟(そうびょう)社稷(しゃしょく)を守(まも)り、祭主(さいしゅ)と為(な)す可(べ)きとなり、


象伝(原文と書き下しのみ)
洊雷震、君子以恐懼修省、
洊(かさな)りて雷(いかづち)なるは、震(しん)なり、君子(くんし)以(も)って恐懼(きょうかく)して修省(しゅうせい)す、


ここに書いているのは、江戸後期の名著、眞勢中州の『周易釈故』より抜粋し、現代語で意訳したものです。
漢字は原則として新字体で表記しています。
易の初歩的なことについては、
私のサイトの易学入門ページをご覧ください。
また、六十四卦それぞれの初心者向け解説は、オフラインでもできる無料易占いのページをご覧ください。占いながら各卦の意味がわかるようになっています。
なお易は、中国や日本だけではなく、遠くユダヤやローマにも多大な影響を及ぼしました。
聖書と易経を比較すれば容易にわかることなのですが、キリスト教は易の理論を巧みに利用して作られた宗教だったのです。
詳細は拙著『聖書と易学-キリスト教二千年の封印を解く』についてのページをご覧ください。
聖書と易学―キリスト教二千年の封印を解く聖書と易学―キリスト教二千年の封印を解く
(2005/04)
水上 薫

商品詳細を見る

ちなみに表紙の右下のほうに白線で示しているのは、08水地比の卦象です。
キリスト教のシンボル十字架と中心教義の「愛」は、08水地比の卦象がもらたす意味と一致しているのです。

(C) 学易有丘会


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する