FC2ブログ

明日に架ける橋

易のこと、音楽のこと、クルマのこと、その時どきの話題など、まぁ、気が向くままに書いています。

ひな祭りなので、ちらし寿司を作った

今日はひな祭りということで、ちらし寿司と蛤のお吸い物を作った。

昨日までに具はすべて作っておき、夜帰ってから酢飯を作って混ぜ、いろいろ載せた。

具材は干瓢、椎茸、人参、いんげん、海苔、錦糸玉子、蓮根、海老、穴子。

ただし穴子だけはレトルトの蒲焼きを使った。

H300303ちらし寿司

蛤は作り置きできないので、帰りに買うことにしていた。

6時半頃にスーパーに寄ったら蛤が半額だったので、

一個でよいところ、ついフラフラと二個買ってしまった。

なんとかお椀に入ったけど、やはり一個でよかったなぁと反省(笑)

で、今日は昼間、用事で六本木の某庭園に行った。

紅梅が満開であまりに綺麗だったので写真に撮った。

H300303六本木


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018年03月14日(Wed)22:01 [EDIT]


Re: 青い影

料理は趣味なのでいろいろ作りますが、
見た目と味は必ずしも一致しないとお考えください(笑)

さて、篳篥を始められたとのこと、素晴らしいですね。
最初は何かと大変かとも思いますが、
唱歌さえきちんとやっていれば、
やがて慣れて、どうってことなく吹けるようになります。

ちなみに宮内庁楽部の場合は、中卒で入部して最低一年間は唱歌だけで、
楽器には一切触らせないとのことです。
私も含め、民間はカルチャー・センターでも音大でも雅楽団体でも、
短期間で吹けるようにと、レッスン初日から実際に篳篥を吹かせますが。

とにかく最初は唱歌でメロディーやリズム、息継ぎのタイミングを、
身体に覚え込ませることが大事なのです。
篳篥は呼吸も含めて唱歌のとおりに吹くものなのです。
唱歌がきちんとできていればちゃんと吹けます。
唱歌がいい加減だといい加減にしか吹けません。

あと、篳篥は音が大きいから、練習する場所も大変かと思います。
私はカラオケ屋で練習することもあります。
トランペットとかバイオリンとか、いろいろ楽器を練習している人がいるので、
だったら篳篥もアリだろうと……(笑)

ともあれ、頑張ってください。
応援しています!

コアラン | URL | 2018年03月15日(Thu)12:16 [EDIT]