明日に架ける橋

易のこと、音楽のこと、クルマのこと、その時どきの話題など、まぁ、気が向くままに書いています。

イルミネーションと節電

もうすぐ12月、今年もあと少し。
夕暮れの街では、例年のようにイルミネーションが輝いている。
「わぁ、きれい!」って言う人もいれば、
「この省エネが大事なときに、なんでそんなムダなエネルギーを使うんだ」
と、眉を顰める人もいる。

原発が停止してから、火力発電がその代替をしているわけで、
CO2排出削減も棚上げにされて来た。

このまま火力発電に依存して、電力を浪費してよいのだろうか。

私は、少しでも省エネを心がけるべきだと思う。

電球をLEDにしたから省エネです、とは言えないだろう。

風力発電や、昼間、太陽光発電で蓄電し、
その電力だけでイルミネーションを点灯しているのなら、
まあ納得できるが、
そんなことやってるのはほとんどないだろう。

地球環境を考えると、
イルミネーションだけではなく、
昨年の計画停電の頃のように、
街灯もある程度消すべきではないだろうか。
ついでにテレビ放送も減らし、
電車の本数も減らして・・・。

でも、
環境問題を真剣に考える人なんてほとんどいなくて、
原発はダメだけどCO2排出量はどんどん増えてもかまわない、
と多くの人は考えているんだろうなぁ。

イルミネーションに飾られた街を歩くと、ついそんなことが頭を過ぎる・・・。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する