fc2ブログ

明日に架ける橋

易のこと、音楽のこと、クルマのこと、その時どきの話題など、まぁ、気が向くままに書いています。

左翼と右翼、どっちが好きか?

左翼と右翼という言葉がある。

イギリスの議会の右側に保守派、左側に革新派の議員の席があるから、
そう呼ばれるようになったらしい。

しかし、左と右と言われると、
日本人としては、左の方が優れているかのような錯覚に陥りやすいように思う。

陰陽では、左が陽、右が陰だからだ。

南面したとき、左は東で太陽が昇る方角、
右は西で太陽が沈む方角だということによる。

この理論により、かつての朝廷では、
左大臣の方が右大臣よりも上位だった。

雅楽でも唐楽が左、高麗楽が右、
中国から伝来した唐楽の方が、朝鮮から伝来した高麗楽よりも上位とされてきた。

このような左右の伝統的認識が身体に染みついているからか、
そんなこととは関係ないとしても、
何やら左の方が優れているかの錯覚をする。

だから日本人の多くは、本質とは無関係に、
左翼を歓迎し、右翼は劣った思想のように感じるのかもしれない…。

仮に、イギリス議会の議席が、右と左が逆で、
保守派が左、革新派が右だったら、
日本での保守革新に対する認識もかなり変わっていたのかも…。

令和6年(2684年)3月30日

PageTop