fc2ブログ

明日に架ける橋

易のこと、音楽のこと、クルマのこと、その時どきの話題など、まぁ、気が向くままに書いています。

論語を読まないから日本が壊れる

内閣の支持率がかなり低下している。

かといって、野党に政権交代しても、期待できない。

もっと悪いことになりそう。

国民の大多数の願いは、
LGBT法案廃止と移民難民受け入れ阻止、帰化条件を厳しくする、
なのではないだろうか?

与野党の中では、残念ながら参政党しかこれを言わないようだ。

日本保守党はどうなのかな?


しかしなぜ、こんなどうしようもない政治家が大多数になってしまったのだろうか?

思うに、論語を読まないからではないだろうか。

かつて、昭和の頃は、政治家も企業家も、論語くらい読んでおけ、と言っていた。

だから日本は経済発展したのだと思う。

が、今の与野党の政治家や財界の人々で、
論語を読んだことがある人がどれだけいることか…。

右翼だと呼ばれる人ですら、論語を読んだことのない人がほとんどのような気がする。


孔子が嫌った季氏のような政治をしているのが、今の与野党だ。


ということで、よろしければ、少しずつでも、論語を読んでみてくださいませ。

漢文として楽しむ論語

元禄の頃の儒学者中村惕斎の名著『論語示蒙句集』を、
私が現代語に意訳したものです。

幕末から明治維新にかけて、日本が欧米の植民地にならなかったのは、
多くの人々が論語を読んで、
弱小国の日本が何をするべきかをきちんと理解できていたからだ、
と言えると思います。

吉田松陰でも佐久間象山でも勝海舟でも、
みんな論語だけではなく四書五経すべてを読んでいたから、
日本はあの時代を乗り切れたに違いありません。

論語や儒学は、古い道徳律を教えているのでなく、
世の中や人の心がどう動くのかをシミュレーションする能力を養う学問なのです。

西洋にはそんな学問はないから、西洋人は、単なる古い道徳律だと考えたのでしょう。

戦後はGHQの指示で、論語や儒学は悪しきものとレッテルを貼られ、
多くの国民が興味を持たないように仕向けられたから、
現在のような外国の言いなりになって右往左往する政治家ばかりになってしまったのでしょう。

令和5年(2683年)12月19日

PageTop