fc2ブログ

明日に架ける橋

易のこと、音楽のこと、クルマのこと、その時どきの話題など、まぁ、気が向くままに書いています。

竹島は江戸時代の庶民も知っていた!

私は古書が好きで、ときどき神田神保町の古書店街を徘徊している。

三十年程前、何気に入った古書店に、
江戸時代、安政2年に出版された掌中和漢年代記集成という本があった。

日本と中国の簡単な歴史、地理、占いなどが簡単にまとめられている本である。

序文は漢文、本編は草書の平仮名にところどころ漢字が交ざっている文語文なので、
読むのに骨が折れるが、
安かったし、当時の庶民の歴史観や地理観が垣間見られるので、フラッと買ってしまった。

IMG_1936.png

IMG_1937.png

IMG_1934.png

IMG_1933.png

家に帰ってページをめくり、しばし楽しんだ後は、本棚の片隅に放置していた。

 

が、ふと先日、手に取って改めてページをめくっていたら、
日本地図に、昨今話題の竹島が掲載されているのを見つけた。

IMG_1931.png
IMG_1931-1.png

今の竹島は、当時は松島と呼ばれ、
鬱陵島のことを竹島と呼んでいた、と、
外務省のサイトに書いてあるが、
この地図にも、タケシマ、マツシマと、縦に並べて書いてある。

版本なので、小さい字は目を凝らしてよく見ないとわかりにくいが…。

 

とにかく日本では、
江戸時代の、こんな庶民向けの雑な本にも竹島が掲載されているのだから、
庶民でも日本海に浮かぶ竹島を、そこそこ知っていたのだろう。

 

韓国=当時の李氏朝鮮の庶民は、文盲が多かったと聞くが、
どの程度竹島(独島)を認識していたのだろうか?

 

ふと、そんなことが頭を過った…。

令和6年(2684年)2月29日

PageTop

紫式部はアヒル座りをしていた!?

今年の大河ドラマは、紫式部の話らしい。

私はテレビを持っていないし、
どうせ、もし紫式部が現代人の価値観で生きていたら、
というコンセプトで描かれているだけなので、
観たいとは思わない。

が、ここで取り上げたのは、
平安時代の女性の座り方が気になったからだ。

ドラマの中ではどうなっているのだろうか…。

 

正座は室町時代以降のことだから、平安時代は正座ではない。

では、どんな座り方をしていたのか。

定説では、朝鮮半島の文化を模倣した立膝だったということらしい。

本当にそうなのだろうか?

確かに時と場合によっては立膝で座る場合もあるだろう。

しかし普段、ずっと立膝で座っていたとは思えない。

 

十二単を着るときは長袴をはいている。

十二単

長袴は、忠臣蔵の浅野内匠頭が吉良上野介に切りかかる場面で、
両者がはいているヤツでもある。

殿中

長袴は両手で腿のあたりを持ち上げ、ゆっくり慎重に歩くか、
すり足でソロソロ歩かないとコケる。

なんでそんな面倒なものをはかせるのか?

忠臣蔵の時代は、江戸城内で暴れることができないようにするためだった。

で、長袴だと、座るときは正座になる。

長袴で胡坐座りをすると、
立ち上がるときにからまってコケる危険があるからだ。

だから正座をするしかないのだ。

私は以前、貸衣装で長袴をはいてみたことがあり、そのとき、実感した。

 

平安時代の十二単を着る女性も、
浅野内匠頭や吉良上野介がはいたような長袴をはいている。

とすると、胡坐や片足を前に持ってきて立膝で座るのは、かなり大変なことだ。

立膝から立ち上がるには、袴を踏んでコケないように、細心の注意が必要だ。

正座なら、そのまますっと立てば問題ない。

 

そこで私はハタと気づいた。

十二単を着ていた平安時代の正式な座り方は、アヒル座りだったのではないかと。

女の子座り、おばあちゃん座りなどとも呼ばれる、女性ならではの座り方で、
正座の両足を身体の外側に離して、お尻をペタッと床につける座り方だ。

男性は、股関節の関係で、ほぼ不可能な座り方である。

このアヒル座りならば、正座と同じように、そのまますっと立ち上がれる。

 

現代でも、女性はアヒル座りで長時間平気で座っている。

田舎のおばちゃん、ひとり部屋で寛ぐOL、繁華街で地べたに座るJK…。

漸く座れるようになったばかりの女の子も、
誰に教わるとなく、アヒル座りをしていることがよくある。

ただ、アヒル座りは下品だからダメ!
と叱る母親も、ときどき居るようだ…。

なんで下品なのか、私はわからないが、
あるいは、男性ができない座り方は下品だ、男性に合わせろ!
という男尊女卑の考えなのかな?

 

が、それはともかく、
寡聞にして、アヒル座りの歴史を研究している人を、
私は知らない。

検索しても出て来ない

しかし女性にとっては、当たり前の座り方だから、
有史以前から、アヒル座りをしていたはずだ。

とすると、
十二単の長袴も、アヒル座りを前提に作られたのではないだろうか。

当時の男性にしても、普段は胡坐とかではなく、
両足を前でくの字に曲げて足の裏を合わせて座る、
楽座と呼ばれる赤ちゃん座りのような座り方をしていた、
というのが定説である。

現代で赤ちゃん座りをする大人は、
太っていて胡坐もかけないお相撲さんくらいだが、
平安時代はまだ、座り方についてのこだわりはなく、
男女共に生まれつきの自然な座り方をしていたのではないだろうか。

男性は自然な赤ちゃん座りをして、
女性は胡坐や立膝など、不自然な座り方をしていた、
なんてことはないはずだ。

まして、胡坐や立膝前提ならば、男性用の袴と同じように、
立つときにコケないよう短くすると思うのだが…。

とにかく平安時代の女性は、
女性にとって最も自然な座り方のアヒル座りをしていた、
と、私は思うのだが…。

令和6年(2684年)1月31日

PageTop

おせちとお雑煮

今年も蒲鉾と金団以外すべて自作のおせちとお雑煮で新年を迎えた。

r060101元旦おせち&雑煮

令和6年=平成以来36年=昭和以来99年
=大正以来113年=明治以来157年
=建仁以来824年=延喜以来1124年
=大宝以来1324年=神武以来2684年

ということで、本年も宜しく御願い申し上げます。

令和6年(2684年)1月1日

PageTop

論語を読まないから日本が壊れる

内閣の支持率がかなり低下している。

かといって、野党に政権交代しても、期待できない。

もっと悪いことになりそう。

国民の大多数の願いは、
LGBT法案廃止と移民難民受け入れ阻止、帰化条件を厳しくする、
なのではないだろうか?

与野党の中では、残念ながら参政党しかこれを言わないようだ。

日本保守党はどうなのかな?


しかしなぜ、こんなどうしようもない政治家が大多数になってしまったのだろうか?

思うに、論語を読まないからではないだろうか。

かつて、昭和の頃は、政治家も企業家も、論語くらい読んでおけ、と言っていた。

だから日本は経済発展したのだと思う。

が、今の与野党の政治家や財界の人々で、
論語を読んだことがある人がどれだけいることか…。

右翼だと呼ばれる人ですら、論語を読んだことのない人がほとんどのような気がする。


孔子が嫌った季氏のような政治をしているのが、今の与野党だ。


ということで、よろしければ、少しずつでも、論語を読んでみてくださいませ。

漢文として楽しむ論語

元禄の頃の儒学者中村惕斎の名著『論語示蒙句集』を、
私が現代語に意訳したものです。

幕末から明治維新にかけて、日本が欧米の植民地にならなかったのは、
多くの人々が論語を読んで、
弱小国の日本が何をするべきかをきちんと理解できていたからだ、
と言えると思います。

吉田松陰でも佐久間象山でも勝海舟でも、
みんな論語だけではなく四書五経すべてを読んでいたから、
日本はあの時代を乗り切れたに違いありません。

論語や儒学は、古い道徳律を教えているのでなく、
世の中や人の心がどう動くのかをシミュレーションする能力を養う学問なのです。

西洋にはそんな学問はないから、西洋人は、単なる古い道徳律だと考えたのでしょう。

戦後はGHQの指示で、論語や儒学は悪しきものとレッテルを貼られ、
多くの国民が興味を持たないように仕向けられたから、
現在のような外国の言いなりになって右往左往する政治家ばかりになってしまったのでしょう。

令和5年(2683年)12月19日

PageTop

いつまでマスクしてるの?

先日、ちょっと用事があって、とある市の市役所へ行った。

職員全員がマスクをしていた。

訪れた人々は、1/3くらいマスクをしていたかな?

いつまでこんなことが続くのか…。

帰りに民間の飲食店、お蕎麦屋さんに入った。

店員の誰もがマスクはしていなかったし、
客も私を含めて誰もマスクはしていなかった。

この差はなんなのか…。

 

元どおりの世の中になるのはいつのことやら…

令和5年(2683年)11月19日

よろしければコチラ↓の動画も御覧くださいませ。

PageTop